Johnsen.We love you!!

画像
ヨンセンにここ最近チーム、そして自分自身にたまってたモヤモヤを晴らしてもらった。
マレクのあのスルスルと上がるドリブルも懐かしくて…。

この二年間もがき、苦しんだチームで元旦、喜びを一つ形に残したい。
そのためにも、残りの二試合を楽しもう!
仲間と共に戦い、喜びを分かち合う。やっぱり自分には最高の場所。

愚痴と告知

早いもので、オレがここでいろいろ書くようになってもう一年経ってたんだって気付いた。

一年…悪いことばかりじゃなかったけど、チームが去年より成長できたか?って考えると…正直厳しい部分があるかな。
でも、この残りシーズン、選手も俺達も前向いて行こうと頑張ってるのに、球団から出てくる恥さらしのような話題の数々。本当何とかしないと、選手もかわいそうだよ。
何故こうなってしまったのか。そしてこれからどうしていくのか。俺達だってチームのため一緒に出来ることはないのか。球団の人達、特に上層部の方々には、そろそろちゃんと向き合って欲しい。
オレが周りで話す人達の中には、チームの将来を真剣に考えてる人がたくさんいる。全てが通るとは思わないけど、そういう人の意見を聞くだけでも、とても建設的な話の出来る場所になると思うんだ。
まぁここを読んでる球団の人がいるかどうかはわからないけど、そういうとこも考えていかないとなぁと。
この二年をただの苦しかったシーズンで終わらせる訳にはいかないしね。

あとこれは告知だけど、最近以前にも紹介したDLIVE PARKで毎週金曜日サポーターDAYってのを開いてます。
とは言っても、今はオレが店番なんかしながら、お店に来てくれた人となかなか試合の時には取れない交流の場を持たせてもらってる、って感じなんだけど。
それでもネットや、試合で配ってる歌詞カードの告知なんかを見て来てくれる人がいて、オレも今まで話したことのなかった人達のたくさんの想いを聞くことができて、なかなか充実した時間になってます。
近々店の内装もリニューアルする予定があるみたいだし、新しいアイテムもこれから出てくる予定なんで、何かイベントみたいなものもしていきながら、店がこれからもっと、現状の名古屋には少ないファンが交流できる場所になっていったらいいなと思ってます。

明日もオレやオーナーのヤスが23時くらいまでは店にいる予定なんで、金曜の夜ですが時間があるって方は是非店に来て下さい。話でもしながら日曜日に向けて一緒にあげて行こう!

今を生きる

負けなかった相手。
勝てなかった俺達。

もどかしさ、悔しさを晴らせぬまま、俺達は日曜日瑞穂から元旦国立への歩みを始める。

今年何度となく感じてきた「あと少し」を選手が乗り越え、新たな自信を手に入れるには、やはり日頃の練習一つ一つの向こう側に、もっと試合をイメージしていかなきゃいけないと思う。
オレは選手に直接話したいことがある時くらいにしか練習を見に行かないから、それを全く感じないとは言わないけど、見に行った時には、今している練習に対し選手達はどれくらい試合をイメージして臨んでいるんだろう、と思わされることがある。
練習でできないことを試合でするのは困難だし、練習でできて自信になるからこそ、それは試合での気持ちの余裕につながるんだと思う。
自分ができなかったことを悔しいと感じ、できるようになるまで繰り返し、自分のクオリティを上げる。名古屋の選手達にはもっとそういう意識を強く持って欲しい。
自分が名古屋の選手として、ファンに夢や感動を与える存在であることに誇りを持ち、もっともっとサッカーに生きて欲しい。そのためにすることにムダなものなど一つも無いし、必ずそれは試合で活かされる。

今年のシーズンも本当に残りあと僅か。俺達も、今みんなでこうして戦う一試合一試合が、これからの名古屋の歴史に欠かせないものになるよう、共に生きる「今」を大事にしていこう!

POWER! to the team

日曜の試合もたくさんの協力ありがとうございました。
今年の開幕から始めたビッグフラッグの寄せ書きも、本当にたくさんの人にしてもらい、自分達にとってもより想いのこもったものになってます。

ただ、試合は残念な結果になってしまった。アウェイでの東京戦とは全く逆の展開だったような気がする。
決して悪い所ばかりではなかったし、前半はむしろ押せてたはず。でもワンチャンスをものにされての敗戦。

どこかの記事にもなっていたけど、今は今年初めの頃にあった先に点を取られても取り返し、ねじ伏せる「勢い」がない。そこには確か「反撃力」なんて書かれてた気がするけど、決して「力」が無い訳ではないと思う。
でも、その力を最大限に引き出す強い気持ち、更にはそれをより活かす為の選手一人一人の創意工夫、思いきりも相手より足りないんじゃないかな。

まぁもちろん、選手に求めるだけじゃなく、俺達にもまだまだやる事はある。
今はみんなの何とかしたいって気持ちが、自分の場所にいてすごく伝わってくる。だからこそ、その気持ちをより強く伝える必要がある。一人一人がいつも以上の声で、手拍子でその気持ちを表現することで、より大きく、強い「想い」になって、選手を突き動かす雰囲気へと繋がっていくはず。
いろんな情報が飛び交い、選手達もいろいろと不安を抱いてしまいそうなこんな時だからこそ、選手の「勢い」を生み出すきっかけに俺達がなろう!
必ず選手もそれに応えてくれるはずだし、そうして取る一点は今まで以上の喜びと自信をもたらすはずだから。

まだ俺達のシーズンは終わっていません。目標は、どんな時でも自ら掲げれば、それに向かいまた走り出せる。

互いに応えるため

かなり久しぶりな更新になってしまいましたが…いつも試合時、たくさんの協力ありがとうございます。

チームは未だ自分達の力を出し続けることができず、勝ち負けを繰り返しているけど、清水と神戸の時では、誰の目から見ても違いは明らかだったはず。
点を取られても向かって行く姿勢は続いたし、俺達、そしてやってる選手も名古屋のサッカーを楽しめる時間はたくさんあった。
それが結果に結びつかなければならないプロの世界だし、何より結果の欲しい時だから、負けてしまえば非難を受けるのも選手は充分わかっていると思う。
ただ、自分には試合後俺達のもとへと来る選手達から「何とかしたい」という想いを感じたから、とにかく今の想いを「持ち続ける」ことを訴えた。

帰りに寄ったサービスエリアで選手のバスと一緒になり、ナラや本田と少し話した。
選手の口から「ごめん」「申し訳ない」という言葉を聞くのは本当に胸が痛くなる。

ナラが2002年ワールドカップで正GKとして活躍した時、ナラに海外からのオファーがある、っていう記事が出たことがあった。
その時オレが練習場に行って「やっぱ海外に行きたいの?」と聞くと「行くなら今かもしれない。けど、今は名古屋でみんなとタイトルを獲ることが大事」と言ってくれたことを、ナラと話した後にふと思いだした。

あれからケガに泣かされたり、代表でもいろいろあるけど、今でもナラは名古屋を大事にし、勝利のために体を張り、みんなに力を与えてくれている。
悔しさを滲ませながらナラや本田が言った「これからも一緒に」という言葉を信じ、辛い時だからこそお互いを「信じ続ける」ことをみんなに伝えたい。

オレも選手の喜びが爆発するところをもっともっと見たいから。

To become one

ここ最近対戦した3チームは勝つこと、勝ち続けることの大変さを特によく知っている相手だと思う。
でも、だからといってこれが自分達の現状だと諦めてしまっては何も変わらないし、身の程を知るからこそ、より己を強くするんだと思う。
直接ぶつかり合う選手達は一番それを感じてるんじゃないかな。
決して頑張っていないわけじゃない。だからこそその届きそうで届かないあと少しがもどかしいし、信じる気持ちを弱らせる。

名古屋はよく「オーガナイズ」という表現をするけど、それはみんなの気持ち、向かう先が同じでなければならないし、突き詰めればその為に一人一人がどれだけ強い信念、執念をプレーに出せるか。それがしっかりとしたものであればよりその「オーガナイズ」は深いものになるはず。
「チームとして」を大切にするのは当然。でもそれを形成するのは「個」の行いだから。それが強くしっかりしたものなら何倍何十倍もの力に出来るはずだけど、しっかりさせなくちゃその逆もありえる。

俺達にも同じことが言えるんじゃないかな。
こんな状況だからこそ、そして良くなっていっても、一人一人が名古屋に対し何が出来るのか、何をすべきなのかをいつも考え、行動していれば、それが一つになった時、必ず今以上の力を選手に伝えられる。
バスツアーで万博へ行って、まだまだオレが知らない名古屋への強い愛を持った人がたくさんいることにも改めて気付いた。

名古屋は、俺達はもっともっと強くなれる!土曜はそれを俺達みんなで表現し、感じよう!

keep on

川崎戦でもたくさんの協力ありがとうございました。

一週空いたからなのか、内容のせいなのか、時が経つのがとても早く感じた試合だった。
気付けば、今年のリーグ戦初めてのドロー。
良かった点、まだまだ修正の必要な点どちらも見えた。この勝ち点1がどんな意味を持たらすのかは今月が終わればわかるはず。
毎月毎試合が今の俺達には成長のための大切な過程。
だからこそこの6月残りの試合相手は、自分達を信じて戦う気持ちをさらに強く、大きなものにするにはいい相手だと思う。
俺達も選手を信じ、己を奮い立たせ共に走ろう!

大阪へのバスツアーも多くの人達の協力でいいものに出来そうです。
当日はみんなの気持ちを一つにして乗り込みましょう!

Just earnestly

先週土曜の試合を勝利で終え、今週は少し忙しくても心地良く過ごせている。

今月も厳しい試合が続いて、結果もなかなかついてこない苦しい状態だったけど、去年の流れならズルズル行ってしまいそうなこの前の試合を、決していい状態ではないながらも勝てたという充実感は試合後の選手の表情からも感じとれた。

常に今組めるベストなメンバーで戦い続けられるチームなんてなかなかないし、うちもそれは同じ。でも麻也や阿部のように試合の中で自分を伸ばしていく選手がいるのは見ていて楽しいし、本田の背中がどんどん頼れる大きなものになっていくことは胸が熱くなる想いだ。

これから先だっていろんなことがあるだろう。でもそれをみんなで補い合い、この試合でも見せたひたむきさを忘れなければ落としそうな試合も引き分けに、勝ちに出来る。
そうすればもっと上を目指せるようになると選手達を見ながら思っていた。

俺達が求めるものに終わりはないけど、今目指している頂点に立てた時には去年の苦しみも、土曜のみんなの笑顔も全てそうなるために必要なことだったんだと思えるんだろうなぁ…

ちょっと遠い所を見つめながら話してるような感じになってしまったけど、まずはそのために来週土曜の試合へ向け選手も、俺達もいい準備をしてホームで気持ちを一つに戦おう!

仲間として

少し間が開いてしまったけど…

まずは先週の土曜日。みんなのたくさんの協力、想いを形に出来ず悔しさが残った。
試合内容も選手の気持ちは感じられたけど、自分達のミスや我慢の足りなさがそのまま失点に繋がってしまって。
去年の支配されっぱなしの試合に比べれば少しはマシだったのかもしれないけど、それだけに何度かあったチャンスを一度しかものに出来なかったのは、これからの課題だと思う。

今年の豊スタはゴール裏のエリアで立って一緒に声を出し、手を叩いてくれる人の幅が去年よりだいぶ広がっていてそれはほんとにうれしい。
俺達はそういう気持ちで来てくれる「仲間」をもっと増やさないといけないし、その仲間達ともっともっと大きな力を選手に与えたい。
そのための努力、工夫をよりしていかなければと感じた試合だった。
たとえ相手が大挙してこようと豊スタは俺達の家。共に戦う選手にそう感じさせられなかったら、そんなに悔しくて悲しいことはないでしょう。
みんなでそういう気持ちをもっと育てていかないとね。まずはやられた分向こうでやりかえすよ!

そして水曜日。敗退の決まったナビスコ予選最終節。平日ということもあり、ほんとに少ない人数だった。かたや相手は28000人。
でも試合前の呼びかけに来ていた人達は一緒に纏まってくれ、気持ちでは決して相手に負けなかった。
結果はドローだったが、俺達は次に繋がる雰囲気のなかでスタジアムをあとにした。
生まれも育ちも新潟、でもずっと名古屋を応援してるっていう素敵な人達もいて、行ってよかったと心から思えた。

もう明日には試合が待っている。なかなか結果に結びつかない最近だけど、こんな時だからこそスタジアムで一人一人の強い想いを伝えよう!

To have confidence

サッカーに限らず、スポーツは人がプレイし、人に感動を与える。
だからこそ気持ちがそこにとてつもない影響を与えるわけで…ただの精神論だと思われたって、選手から見せて欲しい、感じさせて欲しいのは気持ちのこもったプレイだし、俺達はそこに訴えかけるためにいつもあの場所にいる。

ここ最近の試合で選手が自分達のスタイル、プレイに自信を無くしかけたような発言をしてるのを見かけた。
俺達にとってそれはすごく寂しいことだ。
それでも自分を、仲間を信じて戦い続けられるよう背中を押すことこそ俺達の出来ることのはず。

だからこそ、昨日の試合は誰もがいつも以上に勝つことだけを考えピッチへと向かう姿勢が必要だった。

みんなと話し合い、協力し、最初は中段に取ろうとした場所を下段へ移して、アップのためピッチへと出てきた選手に想いをこめ、しっかりと背中を押せたと思う。
それは俺達が昨日出来る最大限の「サポート」だった。
試合後に選手から後押しを感じられたという言葉を聞けた時、みんなの想いが一つになって掴んだ勝利と確信した。

選手と俺達が共に自信を深めるためにはそんな積み重ねがもっともっと必要になってくる。
これからもそのためにみんなの強い気持ち、協力をよろしくお願いします!

最後に恵太、A代表選出本当におめでとう!
まだ合宿だけど、恵太が努力することをやめなければ、どこまでも行けるはず。
これからも走ろうぜ!名古屋の、俺達の恵太!

Breakin' down

磐田との試合でも試合前などたくさんの協力ありがとうございました。

結局GW中に勝ち点を得ることは出来ずに終わってしまった。
これでリーグの戦績は五分。でも内容で考えればみんなが共通意識のもと攻守を行うサッカーをして行くんだという部分は感じられるし、決して悲観することはないと思う。
ただ勝ち続けた時に比べリスクを侵してでも攻める回数が減っている気がするし、大事なところを個に頼ってしまうことが多いのかなと。
連戦のこの時期に連敗。選手も俺達も自分のパフォーマンスに疑心暗鬼になりそうな頃かもしれない。
でもお互いを信じ、この殻を共に打ち破ることが出来れば、それはとても大きな自信と経験になると思う。
今だからこそ、しっかり選手を信じ、現実一つ一つと向き合い、それに対して出来ることを最大限していこう!必ず糧となるはずだから。

自分は今回バスツアーだったんだけど、帰り途中に同じバスの人達からいろいろな意見を聞いたり、それに対しての俺達の想いを聞いてもらったりする機会を持てて、とても有意義な時間になった。
自分が普段は会社で普通に働いてるって言ったらすごく驚いてた人もいたり…(笑)
バスツアー自体初めて参加するって人もたくさんいたんだけど、値段が今回のようなものならまた参加したいって意見も多かった。
抑えた値段にするにはそれなりの協力も必要になってくるし、帰名する時間の問題など、いろいろ検討しなければならないのは事実。でもそれをクリアすることにより新しい仲間に出会えたり、貴重な意見を聞くことも出来るバスツアーはこれからも実施したいと思った。
続けるにはやっぱり実績も必要なんで、次またこういう機会がある時もたくさんの参加を期待してます!

まだまだ続く連戦へ…

まだまだ選手も俺達もやっていかないといけない課題があるなと思った試合だった。

試合を支配していくことを目指してるなら、相手が早い段階からプレッシャーをかけてくるからと言って自分達もそれに乗っかって展開の早い試合にせず、そういう展開だからこそ必ず生まれる相手の隙を狙ってその時をじっくりと待つべきじゃないのかな。
でもそれを俺達から伝えるのは難しくて、すごくもどかしく感じた。
今のままでは少し厳しくあたれば名古屋は崩れる、と相手に思われるだけ。スリッピーなピッチでのパスやトラップのミスもよく目につく。「支配」するにはそこからしっかりしていく必要があるはずだ。

5月も連戦が続くから、一つ一つ勝っていくことで気持ちを、コンディションをキープしていかないとね。

Fightin' Together

神戸との試合でもたくさんの協力ありがとうございました。

試合の内容はまだまだ改善の余地アリだけど、選手、俺達お互いが「ホームで勝つこと」を強く意識できた試合だったと思う。
そういう面でこの試合はとても意義のあるものになった。

試合後のヨンセンのコメントを聞いて胸が熱くなった人は多いと思う。
俺達の伝えたい想いがいつもこんな風にストレートに伝わる訳ではない。
でも伝え続けなきゃいけないし、それを続けなきゃこんな感動は味わえない。
選手が何度も失敗を繰り返しながらもそこにパスがくることを信じ走る。俺達も同じ。
その一つの感動を、一つの勝利を得るためにこれからも信じて叫ぼう!

相変わらずケガを抱えてる選手も多いし、5月は骨のある相手も増える。ここをしっかり乗り越え、自分達の自信をもっと強固なものにしていきたい。

あと、本田のサッカーに対する姿勢、勝負の世界に身を置くものが持つこだわりには敬意を表したい。
俺達が心から「宝」だと思えるプレーをこれからもあいつは見せてくれるだろうし、それに負けない気持ちで上げていかなきゃね。

恐れること無いさ

ここ最近の負けは自滅と言ってもいいんじゃないかと思う。

いかに相手を自分達のペースに引きずり込むのか。逆に相手のペースにはまらないようポイントを絞りそこを共通理解のもと突いていく。
連勝中はそれがよく出来ていた。

今年勝ってる時の名古屋ってどっしりしてるっていうか、一点二点やられてもバタつかない。試合の中でも修正がきく、って印象だったけど、やっぱり負けが続くとそういう自分達に対する自信も薄らいでしまうのかな。

まぁでもそれに一緒になってうつ向いてても仕方ないし、その流れを断ち切り、また共に楽しいサッカーをするための一日に土曜日はしたい。

きっとみんなも最初のいい雰囲気がこのまま陰ってしまうのは嫌に決まってるでしょう?
いつも話すけど、一試合の中だけでもずっと片方のチームが流れを握り続けることはない。
大事なのは自分達の流れをどれだけ続けられるか、相手に傾きかけた流れをいかに早く取り戻すか。

今年はよりその雰囲気をみんなで作り出せると思う。

辛い時間も共に乗り越え、選手も自分達も改めてホームの大切さを感じることのできる日にしよう!

2007/4/7

土曜の試合もビッグフラッグ等、たくさんの協力ありがとうございました。

リーグの連勝は途絶えてしまったけど、この先を見据えた時、選手も俺達も必ずこの試合の経験が活かされると思うし、活かさなくてはいけない。

選手にプレーでの修正を必要とするように、俺達は後半何度か作り出せた「点を取る風」をより多く、よりたくさんの人と作っていけるよう、さらなる努力を続けよう。

ホームで負けるのはほんとに悔しいし、許してはいけない。
けれどこの前はそれをみんなで認識できた試合だったと思う。
もう一度、共に前を向いて進みましょう!

それと、ネットなどいろいろな所で告知をしだしていますが、今年もエコパである磐田との試合でのバスツアーにみんなで参加しようという企画の受付をこの前の試合から開始しています。
今回は試合までの期間も短く、スタジアムでの受付は神戸戦、大分戦を残すのみです。
SAの事務所は平日でも申込み出来ると思うので、是非一人でも多くの人の参加をお願いします。

アウェイにももっともっと多くの力を!!

忘れて得たもの

去年の我慢、苛立ちを味わっていたなら、ここ二試合であの時の感覚がふっとよみがえった人は少なくないはず。
 過密な日程、この先の名古屋を支える人材の育成ってことを考えれば無いメンバーじゃないのもわかってる。
 
でもね、それでせっかく積み上げかけた形をたった一点二点取られたくらいで変えてほしくはない。いや、「忘れてほしくない」かな。
 
 攻め「急ぐ」サッカーには何の魅力も無いし、あとで虚しさが残るだけ。ヨンセンが、ジョンウが、本田がいないからじゃない。
 慌てなくたって、自分たちには相手を焦らし、いなし、疲れさせる程の展開力あるサッカーができる。それこそが「名古屋のスタイル」だってことを忘れているだけ。
 俺達はその形を共に作りたいから隣にいるんだ。そのための努力、苦労ならいくらでもできる仲間だっている。
 まぁ、選手だってこのままでいいだなんて思ってないだろうから。もう一回、しっかり前を向いていきましょう。

その先へ進むために

日曜の試合前のビニール袋ネタにたくさんの協力ありがとうございました。また要所要所でいろいろやれたらと思ってるんでよろしくお願いします。

みんなでヨンセンやジョンウを気持ちよく送り出すことが出来てほんとによかった!

明日からはナビスコ予選の始まり。そして甲府二発目です。
噂だとメンバーをかなり変えるみたいで、若手や今まで控えに甘んじてた選手にとってはアピールするいいチャンスだし、ここから先何が起こるかわからない長い戦いの中で、そういったメンバーでも今やろうとしている名古屋のサッカーがどれだけ出来るのかを試すいい機会でしょう。

ただ正直言えば、ナビスコっていうタイトルを獲りにいく上での大切な初戦は今のいい流れを切らさず行きたい、っていう気持ちもあるんだよね。
でも、明日共に戦う選手達もそれはわかってると思うし、どんな状況であれオレ達がやることは変わらない。
それを選手にしっかり伝え、もらったチャンスをものにしようと頑張る選手達により大きな力を与えるため一人でも多くの人、甲府へ行きましょう!
自分が出来る限りの声を、手拍子を、サルトを!

共に生きる喜び

先週の甲府一戦目からもう一週間が経とうとしてるけど、もうみんな頭の中は次のホームでいっぱいでしょう。
オレもシーズンが始まると完全に生活の基が試合になるし、ましてや楽しませてもらってるんでかなり待遠しくて…。

とは言え内容が完璧なわけじゃないし、これからを考えればキッチリしていかないといけない場面もあった。その辺りはオレ達も気を引き締めて次のホームを開幕の時以上のものにしたいね。

まだたかだか二試合だけど、オレ達の想いと、それに選手が気持ちで応えてくれようとする関係は去年より確実に良くなってると思う。
ここから先も決していい時ばかりではないだろうけど、今のこの感じを忘れずに、これからもこの街を支え、愛する全ての人と「名古屋のスタイル」ってものを築いていきたい。

START!

開幕戦、マスゲーム等たくさんの人に協力してもらい素晴らしいものになりました。
この場を借り、改めてありがとうございましたと言いたいです。
楽な試合じゃないことはわかっていた。だからこそみんなで準備をし、「勝つんだ」という気持ちでもぎ取ったこの勝利を素直に喜び、選手達も見せてくれた今年への想いに負けない心でこれからも共に進んで行こう。
試合後にも話したけど、土曜日は今月三回ある甲府との試合一発目です。
願いを形にするにはそれなりの努力が必要。何もせず求めるものは転がり込んでこない。
「名古屋の勝利」に欠けてはならない一人一人の「勝つんだ」を持って、土曜日は甲府に集まろう!

出会いに感謝して

自分がコールリードという役目を任されるようになってから今まで、ほんとに多くの「名古屋好き」と出会ったんだけど、
その度にいろんな愛情によって名古屋は成り立っているんだと改めて気付かされる。
昨日はそんな出会いにより今はよき仲間になれたアツい男、スポーツブランド「DLIVE」のヤスと会ってきた。
知り合ったのは去年。俺は前から名古屋を愛するヤツに、名古屋を愛するヤツが着る服を作って欲しいって思っていた。
大人気ない話かもしれないが、俺はよそモンが作った服じゃなく、そんな気持ちのこもった服を名古屋のみんなに着てほしいと・・・
ヤスは俺のそんなイメージ通りの人間で、どんなことにもアツく、しっかりと自分を持っているっていうのが俺の印象。
俺が「こんなイメージのTシャツが欲しいんだけど・・・」っていうのを見事に作ってくれて、試合の時にみんなで着られてすごく感謝してる。
ヤスの店、DLIVE PARK(http://www.dlive.net/)にはそのTシャツの他にも、ULTRASのマフラーや食いつきたくなるアイテムがいっぱいあるんで、是非遊びに行ってあげてください!もうすぐニューアイテムも登場で楽しみにしてます!
そんなこんなで開幕に向け周りも上がってきてるんだけど、3月に甲府と3回もあたるってこともみんなでしっかり考えていかないとね。

気持ちを伝えるために

日曜の幕作業に参加してくれた方お疲れでした。
今年は思っていたよりもたくさんの人が協力してくれたおかげで、目標以上の作業をすることが出来たと思う。
一人ひとりが段取りに作業に、積極的に動いてくれてほんと感謝です。開幕にはみんなで形にした強い想い、しっかり示そう。
あと5日でいよいよスタート。もちろん待ち遠しくて仕方なかったけど、今年はその気持ちをたくさんの仲間と分かち合えた。
自分の今年への想いを伝える場も結構持てたし、想いを聞くこともできた。これからもそういうことを続けて、もっと多くの人と名古屋への情熱を共有していきたい。
今週の土曜にはミーティングもある。開幕までの残りの時間も今までの充実感を持続させ、自分なりの準備をしていこうと思う。

みんなの想いを

昨日も幕作業に参加してくれた方お疲れさんでした。
自分が先週タイに行っている間から想像以上に進んでて驚いた。みんなが作業に慣れてきた証拠でしょう。
今年製作予定だった二つの幕はほぼ完成することができ、午後には開幕に向けての話なんかをする時間も持てた。
来週は今までの幕の補修や、個々にゲーフラや旗を作ったりして、それが終わり次第またみんなでいろいろ話せたらと思ってます。
いよいよ今度が最後の作業になるんだけど、毎週ほんとにたくさんの人が参加してくれている。
忙しい時間を割いて来てくれた人や、関東から来てくれた人もいたり。
もちろんそれは愛すべきチームへの、そこで共に戦う選手への想いがそうさせる。そうして作った幕を見て選手に、そこに集うみんなに想いが伝わる・・・
オレは今年みんなで「ALL FOR “YOU” ALL FOR NAGOYA」を体現出来る自信がある。
幕に魂を一緒に込めた仲間と、その気持ちをもっと多くの人達にこれから伝えていこうと思う。

幕作業3回目

幕作業ももう3回目が終了しました。
参加してくれた人数も今までで一番多くて、ほんとみんなの気持ちに感謝しつつ、心強くもあります。
作業に追われてあまり話せなかったけど、新しい顔ぶれや、久しぶりに見る顔もいたりと自分としては充実した一日でした。
二つの大きな作業のうち、一つは細かな補修をすれば完成となるところまできました。来週はそれに加えもう一つの作業を進めていく予定です。
人数が増え、作業も進むと今まで以上に道具も必要となってきます。今は百円ショップでも結構使える筆とか売ってるんで、持って来てもらえると助かります。あと、養生をするためのシートや新聞紙などもあったら是非!
みんな慣れないことだけど、自分達なりに頑張ってる姿を見て、改めてみんなの名古屋に対する想いの大きさを感じちょっと感慨深くもなりながら、残りの作業をみんなとより充実したものにしようと思った。

幕作業2回目

幕作業2回目に協力してくれたみんな、ありがとう。
最初から作っていく過程を経験している人は少ないし、新しくやろうとしていることもあるんでかなり試行錯誤な感じで順調に進むことばかりではないけど、想いを形にする難しさを経験しながらの作業は意外に楽しいもんです。
俺はいろいろな幕作りをしてきて、自分が結構そういう学生時代の図工の時間的なことも嫌いじゃないんだってこと気付いたし。まぁ義務じゃない、ってとこが一番大きく作用してるんだとは思うんだけど。
2月。あと日程的には4回あるんですが、まだまだやることは盛りだくさんです。意欲と情熱を持った!たくさんの人の協力をお願いします!!
次回は4日、10時作業開始です。

ALL FOR YOU ALL FOR NAGOYA

画像
先週土曜日の幕製作作業に参加してくれたみんな、お疲れ様でした。
豊田スタジアムの方の了解も頂き、これから開幕までの毎週日曜日9時半~17時まで、引き続き地下駐車場をお借りすることになりました。
連絡をしてからの時間が短かったにもかかわらず、思ったよりも多くの人が集まってくれたこと。スタジアムやスタッフの方々にとても親切にしてもらったりととても有意義な一日になりました。
それぞれの想いを大切に、必ず名古屋を愛する全ての人の心に届く幕を作りたいと改めて思った。
今度の日曜からは作業も増え、より多くの人の力が必要になってきます。シーズンオフの時期はみんな何かと忙しかったりするのかもしれないけど、一日ずっと参加出来なくても構わない。
これからあるうちの一回しか来れなくてもいいから、是非協力して下さい。
自分も何かしてみよう。そう思うことがきっと新しい気持ちや、新しい仲間との出会いをもたらしてくれるはずだから。俺達もその気持ちを持って来てくれる仲間を待ってるよ。
あと、来る時には一人一つでもいいから作るための道具(筆やカップ等)や新聞紙など養生が出来るものなんかも持参してくれると助かります。
また製作状況なども報告していきます。

動き出す

今週、新入団選手の発表が行われ、チームも始動する。
これからの活躍を期待させるフレッシュな顔ぶれを見て気持ちもまた更に高まるね。
俺達もそんなチームの動きにしっかりと連動していけるよう、いろいろと準備を進めています。
前も書いたけど、新しく幕を作ろうと思い、その製作作業を今週の土曜日から始めます。
場所は去年と同じく豊田スタジアムの地下駐車場を球団やスタジアムの方の理解、協力を得て使用します。
布を縫う作業。下書きをし、それを基にペンキを塗っていく作業と一日で完成させられるようなものではないので、その後も何週かに亘り続けていく予定です。
ここでも経過や、どんな感じになるかなど報告をしていこうと思っていますが、もしこれを見てその作業に参加、協力してみたいと思ってくれる人がいたら今度の土曜日、是非豊田スタジアムの地下駐車場に来てください。
なかなか来ていきなり、ってのは度胸が要る事だとは思うけど、一緒に作業して幕に自分なりの想いをこめたり、いろいろ話もしながら俺達の想いを感じてもらえたら、もっとチームへの想いも強いものになるんじゃないかな。
ということで、今週土曜の開始時間は午前9時からです。今年はオレも自分なりにそうやって新しい仲間と出会える機会をもっといろいろ作っていけたらと考えているんで気持ちのあるヤツは是非、よろしくです!

今年もよろしく!

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
自分自身の休みもあっという間に終わり、1月も10日近くが過ぎてしまった。
それでも年末からここまでは、忘年会などで若手君達といろいろ話したり、新しく製作しようとしている幕のイメージを考えたりと充実している。
テレビや、実際に観戦してサッカーに触れる機会もあって、自分達のシーズンが早く来て欲しいという期待や気合いの混った気持ちの高ぶりも覚える。
「幸福な日常」に触れられないからこそ、愛するチームのある喜びを改めて感じられるこういう時間も、俺達には必要なんだろう。とは言っても、これからいろいろと準備を進めていくうちに2ヵ月もすぐに経ってしまうよね。
この1年を実りある年にするため、開幕までの日々も充実したものにしようと思う。
今年もよろしく!去年より強い気持ちで、共に戦って行きましょう!

想いはつながる

12月9日、天皇杯敗退で今年は終了。元旦を国立で、という想いを形にすることは出来なかった。
秋さんとタイトルを獲るのは監督として戻ってきてくれた時に必ず成し遂げたい。
でも今年は、リーグの最終順位だけを判断基準にしなくても、去年より前向きな終わり方だったと思う。
それは選手だけでなく、俺達にも言えること。試合後、みんなの顔を見て心からそう思った。
それくらい今年は大変で、だけどそれだけに必死に戦って感じたものをこれからの自分の糧に出来たんだから。
その想いを忘れずに、来年を飛躍の年にすべく、今から自分達がやれることやって、万全の体勢で開幕を迎えよう.。
今年もみんな本当にありがとう!来シーズンもより熱く、激しくいきましょう!!

さぁ、行こうか!

京都でのリーグ最終戦が終わって、なんて思ってたらもう今夜にはカシマに向けて仲間達と出発。ほんとこの暮れの時期は一年の中でも特に早く過ぎて行く感がある。でも元旦に、そしてその先にこの心地よい疾走感を続けるために明日も勝たなきゃね。
まぁ鬼門だなんて言われてる場所だけど、それを逆に自分達を上げる要素に出来るんだから何も問題は無いし、俺達はそれすら楽しむ気持ちも忘れてないからね。
明日の戦いに向かう途中、みんなが今年走ってきた道を思い出し、もう一度「名古屋の勝利のため」心を一つにする大切さ、幸せを胸に刻んで来て欲しい。
そして最後に一発みんなでデッカイことやってやろうよ!

La Famiglia

また今年もいろいろ考えさせられる時期になりましたね…。
みんなは秋さんの件どう思ってる?
寂しい。
残念。
他のチームに行っても頑張って。
もちろんまだサッカー選手であり続けたいと思う人なら、要らないと言われたら契約してくれるチームを探すしかない。でも今の名古屋にとって秋さんはほんとに必要な人だと思う。クラブは最初から三年経てば引退するだろうってくらいの感じだったのだろうか。
素さんの時もそうだ。全てではないけど、俺達がほんとに必要だと思ってた人に対するうちのクラブの切り方はプロのやり方じゃない。だからすごく印象も悪いし、聞かされた本人も、それを聞かされるファンもすごく後味が悪い。
Jリーグは日本という小さな国で生まれ、その地域に根ざしたクラブ作りを理念としている。名古屋はその理念に賛同し、この街に産声をあげた。秋さんは生まれ育った場所にあるクラブに、遠回りしたけれど加わった。秋さんはその時「初恋の人にようやく出会えた」と素直な気持ちを口にした。俺達はそんな「名古屋人」をみんなで大切にしようと誓った。クラブだって秋さんを迎え入れることがどれだけ名古屋にとって喜ぶべきことかをわかっていたはず。
今のままでは名古屋は「Jリーグ」から取り残されたクラブになりかねない。
観客動員やクラブの強化をはじめ、取り組むべき課題は山のようにある。しかし、Jリーグを、名古屋を育てていくためには、秋さんのような「名古屋人」との絆を強くしていくことも大切な要素だと、強く思う。
秋さん、サッカー人生で記念すべき10冠目は、俺達と共につかもうよ!

改めて思うこと

大阪、福岡との試合、出場停止の選手が多数いたり、降格争いの真っ只中にいるチームとの連戦と難しい状態だったが、アウェイで何とか勝ち点1を取り、ホーム最終戦を勝って仕切り直すことが出来た。
今週の土曜はすでに降格の決まってしまった相手。
俺達も今年は幾度となくそういうプレッシャーを味わってきた。でも決して後ろを振り返らず、必死に選手と走り続けることだけを考えた。
J1にいることだけが全てでは無いけれど、元年からずっとJ1で戦ってきたという、まだ少しながらも築き上げたチームの「伝統」を今いる選手やみんなとで守れた今、改めて名古屋という愛するチームがあることを幸せ思うし、そのチームのために心を一つに出来る仲間がいることを誇りに思う。
そのことに感謝する気持ちを忘れず、この想いをより多くの人と共有出来るようこれからも努力を続けないとね。
大きな壁を破り得た力と、今までと変わらず信じて突き進む勢いで元旦まで走ろうよ!

信じて進む…

画像
まず、土曜の試合でビッグフラッグやマスゲーム等に協力してくれたみんなに心から感謝します。準備を進めてくれた人達もほんとありがとう!うまくいかなかった部分もあったかもしれないけど、必ずその経験は次に活かされるはずだから、これからみんなでもっともっといいモン作っていきましょう!
大分の試合といい今回といい苦しい時間に取れる点は格別だね。攻め込まれる状態が続いて、ただ必死に耐える。それでも微かに見える光を信じて叫び、飛び、その想いが形になる…これだからやめらんないんだよ(笑)
こういう勝利は必ず熱い気持ちを育てると思うし、熱い仲間と出会えるチャンスだと思う。もっと熱い気持ちを持ってたり、持ってても出し切れてないヤツはたくさんいるはず。その想いの全てを声に、手拍子にすれば必ず選手に届くから…。
そうしてまた一つ歩みを進め、まだまだ発展途上の名古屋をみんなで盛り上げて行こう!

この続きをみんなで…

大分に勝ったことでとりあえず降格争いからは脱出した。今年は昨年以上に厳しいシーズンになった分、ようやくこぎ着けたこの残留決定までは長かった気がする。
この試合も決して楽なものではなかったし、今のうちにそんな余裕のある試合を求めるのは無理かもしれない。
でも少しずつ育ちつつある全員で戦う意識と、変なプレッシャーから解放され、それを糧にさらに向上しようという気持ちを抱いて、首位を走る相手とホームで戦えることは楽しみだ。
正直この位置にいることが今年の目標ではなかったし、悔しい気持ちは強い。だからこそ歩いてきたこの道のりを無駄にせず、みんなで残りの試合を楽しみながら進もう!

天皇杯四回戦

名古屋は仙台に勝ち、次に進むことになった。
もし、あの戦い方が計算されたものなら、後半オレ達が作り出そうとした雰囲気は選手にとって少し窮屈だったのかな。球団が三年計画の一年目とした今年。勝ちに飢え、耐える時の長かった今までの試合から「1‐0で逃げ切る」という内容はとても安心して見ていられるものではなかった。実際少し離れた場所では罵声に近い声も…。
本当に選手を信じて戦う者なら、あの時間いい意味で、選手に余裕を持たせる雰囲気を作り出すということも必要だったのかと思いもする。
今までなら千葉戦のように一人多い状況や、昨日のような試合で悪いながらも勝つということが出来なかった。何にしても国立へと一歩足を進めた。オレ達にも頂点に立つ可能性のある天皇杯をみんなの想いで掴み取ろう!

久しぶりの豊スタ

名古屋2‐1千葉
勝てたから言うわけじゃありません。オレは昨日の試合に入る前からいい日になりそうな予感はしてましたよ(笑)
試合の内容をいろいろ言うのは好きじゃない。確かに内容はあまり良くなかったし、珍しく審判に助けられた感もある。前半と後半で違った顔を見せるチームの戦い方も相変わらずだね。でも選手の気持ち、特に恵太や玉田を中心にした選手達の嬉しそうな顔はみんなの心に響いたはず。サッカーにずっと同じ流れはない。変えるチャンスはいくらでも転がっている。
そういういい「風」を残りの試合も選手と、みんなと吹かせられたらと思う。

はじめに…

ども、シンゴです。
今回、Hide氏の作ったcommandosのサイトの中にブログという形でいろいろなことを書かせてもらうことにしました。
正直文才も無いし、何故この時期に?って意見もあるとは思いますが、思いたったが…ってことで始めることにします。
なかなか全ての人に俺達の気持ちを受け入れてもらうのは難しいとは思いますが、今試合の時共に名古屋のため行動をしてくれる人達に、そしてその周りの人達にも、少しでも俺達の気持ちが伝わればと思います。
マメな更新は性格上厳しいとは思いますが、自分なりに綴っていくので、よろしくです。