最高の夜に

画像
みんなで掴んだ勝利に
乾杯!

忘れられない試合

勝利を目の前にして自ら失ったものは、勝ち点以上に大きな気がする。

選手達は1日経って、今どんな気持ちでいるんだろう…。

そんなに簡単に忘れられないし、忘れちゃいけない試合になってしまった。

試合を通してオレ達のペースでも、あの最後の何分かの気持ちで相手にやられてしまった。
あの雰囲気を味わって何も残らないなんて絶対にありえない。
選手にもう一度、名古屋の選手として、代表としてユニフォームに袖を通し、みんなの想いを背負って戦っていることをしっかりと自覚して欲しいと心から思う。

もう二度とあんな過ちは犯しちゃいけないし、犯させちゃいけないんだ。
相手がどこであろうと、次の試合で答えを出さなきゃね。

ホームの雰囲気で、必ずこの悔しさを強さに変えることの出来る試合にしよう。

報告

またまたひさしぶりに書きます。

土曜日の試合ではたくさんの人に心配と迷惑をかけてしまい本当に申し訳なく思っています。
いろいろなところで現在の状況を気にしてくれる声を聞いたので、感謝の気持ちも合わせて報告させてもらいます。

実際に落ちたときのことは意識がはっきりしていないのですが、その後病院でいろいろと検査をした結果、左手の骨折以外は大したこともなく、大丈夫です。
このまま変わりなく水曜日を迎えられたら、試合にも行くつもりでいます。
正直見苦しい姿を見せることになるかも知れないけど、今のチームの状況を考えても何もせず黙って見ていることはできないし、心配してくれた選手や仲間にも本当に大丈夫だというところを見せたいと思います。

簡単な試合じゃないけど、やるからにはしっかり戦う気持ちを選手に伝えたいし、何よりアウェイでの借りをホームで返すため。そしてもう一度名古屋のスタイルを確固たるものにするために。

今回のことをただの事故で終わらせないためにも、よりよい雰囲気を持ったゴール裏を作れるように努力したいと思います。
これからもよろしくお願いします。


追伸:ナラの100試合完封!本当にうれしかった!!
小川、阿部。今回のお礼は試合で。

幸せな週末に

またまた長々と放置してしまったけど・・・
明日が本当に楽しみなので久しぶりに。

決していい状況ではなかった先月だけど、久しぶりの古川キャンプがここからの巻き返しを図るうえでのきっかけになると信じて、俺達もいい準備をして試合を迎えましょう。

明日から、またたくさんの協力お願いします!

ここからもリーグ、カップ戦と厳しい日程が続くから、明日の試合に絶対勝って勢いつけよう!

オレも明日はある場所に寄って、しっかり気持ちを入れて瑞穂へ向かいます。

「9」

山形戦、ACLとあともう少しのところで越えられなかった壁を、ホームの力強い雰囲気の中で乗り越え、オレ達はまた一つ成長できたと思う。

北京との試合後に歌った「Sempre」は選手の胸にしっかりと届き、勝利に向けより一つになれた日曜の選手やみんなの顔を見て、また新しい「絆」を結べた充実感に胸が熱くなった。

ダヴィは同じ「9」をつけてオレ達と共に戦ってきたヨンセンの前で結果を出すことで、本当の意味でオレ達の家族になったんじゃないかな。
こんなに早く戦うことになったのも、何か運命的なものを感ぜずにはいられなかった。

今はこのほんの少しだけ与えられた休息の時間を幸せな気分で過ごせることに感謝して、これからもみんなで一つ一つ確実に壁を越えていけるよう、より強い気持ちを育てないとね。

Hard work

ウルサンでのACL一戦目はなかなかいいスタートになった。

現地に来た人の気持ちは一つになっていたし、それは選手にしっかり伝わっていた。
そして何より、みんなで本当に試合を楽しめた。

これからもリーグの合間にACLは続くけど、ホームでもアウェイでも自分の愛するチームで世界に触れられる幸せを感じながら共に戦い、共に楽しめたらと思う。

もう少しで山形に着く。
試合に移動に、最初からなかなかハードだけど、今日もみんなで心から「俺達の名古屋」を楽しもう!

新たな一歩

ホーム開幕戦、今までのたくさんの努力と、みんなの気持ちがしっかり結果に結びついて本当によかった。

たくさんの協力があったからこそ、この日のために準備してきた約5000本の旗もバッチリ成功させることが出来た。
みんなの想い、そして協力に心から感謝しています。

チームにも、オレ達にもまだまだ課題はたくさんあるけど、このいいスタートを最大限に活かし、去年越えられなかった壁を一つずつ、確実に越えていけるよう頑張って行きましょう!


そして今日からはACLも始まる。
ほとんどの人が初めて踏み入れる未知への領域。
だけど、まずは自分達の愛するクラブで世界を感じられる幸せを目一杯楽しんで、その気持ちを選手にもしっかりと伝えるために、今から韓国へ行ってきます!

新しいシーズンへ向けて

どうも。
ホントいつぶりだってくらいに久々ですが・・・。

今までの事、書きたい事は山ほどあるけど、全てを文にすると多分収拾がつかなくなりそうなので・・・。

とにかく今は去年一年、そして今年に入ってからも旗の作業等、たくさんの協力をしてくれているみんなに感謝の言葉を伝えなくては始まりません。
こんな場所で失礼かもしれないけど、本当にありがとうございます!

もうすぐ始まる新しいシーズンも、みんなで去年以上に固い絆を結び頑張ろう!!


そして、告知したい事があります。
1つ目。去年から続けてきた5000本の旗の製作は多くの方の協力で完成し、今は新しいビッグフラッグの製作が終盤を迎えている状態です。
作業日は明日が最終なのですが、文字を手縫いする作業がまだ残っているので、時間のある方はトヨスタに魂を込めに来てください。
時間は10時~17時。短い時間でも構いません。


2つ目は去年も行った開幕前のサポーターミィーティングを1日(日)の16時から、瑞穂の会議室で行います。
年末のカンファレンスでの意見に対する回答や、今年の進め方等、短い時間ですが充実したものにしたいと考えているので、こちらもたくさんの参加をお願いします。

5000本の旗に関わる収支についてもHPで伝えきれていない部分があるので、それについても報告したいと考えています。

場所の調整等の関係で告知が遅くなってしまい申し訳ないのですが、時間を作って是非参加をお願いします。


ということで、今年もここで少しでもいろんな想いを伝えられたらと考えているのでみなさん気長に、広い心で(笑)
よろしくお願いします!

希望の地に光を

画像
ここ数試合はなかなか名古屋らしいサッカーができず、負けてはいないものの歯がゆい時間が続いている。
選手もそれは同じだろう。
周囲の期待が高まる中でプレッシャーもあると思う。

シーズンが始まる前、何人かの選手にオレが話した言葉を思い出した。

「きっとピクシーが監督になって、今まで以上に期待は高くなるはず。結果に繋がらなければ周りは騒ぎたてる。でもそんな時こそ監督を、自分や仲間を、そしてオレ達を信じ、雑音を気にせず戦って欲しい」

あの時選手に向けて話した言葉は、きっと今のオレ達にも当てはまるはず。

選手だけじゃなく、みんなが今までにない感覚を背負って戦っている。
リーグ戦も残り五試合。今こそもう一度お互いを信じる気持ちを強く持って、もう一度みんなで楽しくて、ワクワクする名古屋のサッカーを取り戻す時なんだ。

必死なのはオレ達も同じ。相手がどこでも、名古屋のスタイルを貫くだけ。

終わった時に悔いなく、みんなで見たい「その先」を掴むには今、それが一番必要なことなんだと思う。

本当にキツいこんな時だからこそ、一緒に前を向いて行こう!

写真でオレのに横に写っているのは、バスケットのJBLアイシン・シーホースの#3、柏木真介選手。
今週一緒に食事をする機会があったんだけど、バスケ界で超がつく程のスゴい人なのに、そんなこと全然感じさせない、ほんと普通に接してくれる、とても好感の持てる人だった。
ファンの存在、そしてファンの気持ちをすごく大切にしていることが話していて伝わってきたし、他にもいろいろ話せてオレ自身がすごく充実したし、力をもらった時間だった。

彼のブログからも、そんなとこが伝わってくるはずなんで、是非見て下さい。

http://ameblo.jp/shinsuke3/


さぁ、土曜は旗5000本プロジェクト参加のお願いや京都戦のバスツアーの受付もあるし、いろんな準備をしっかりしていい雰囲気で試合を迎えなきゃ。

みんなでいい日にしよう!

5000 flags project

いよいよ来年に向けての旗5000本プロジェクトの製作作業がスタートした。

多くの人の実現への理解、協力によって材料も順調に手配が進んでいるし、約50人近くの方が参加してくれたおかげで昨日、300本完成と初日としてはなかなか順調なスタートを切ることが出来た。

作業にはいつもスタジアムで会う知った顔はもちろん、仙台から引っ越してきたって人、大垣から来てくれた人など初めて言葉を交わす人達もいて、そういう「自分も力に」って気持ちが本当にうれしかった。

なかなか一人で参加するのは勇気のいることだと思うけど、その気持ちがきっとチームに対する気持ちも大きくするはずだから。
迷っていたら、1日でも構わないから是非参加して、旗に想いを込めてください。
場所の詳しい説明はプロジェクトのHPで確認を。
http://sports.geocities.jp/stadiumflag5000/

まだまだ始まったばかりだし、開幕に間に合わせるには作業性のアップ等さまざまな問題をクリアするのはもちろんのこと、順調に進めるため、より多くの力が必要です。

今月は明日、そして26(日)に作業を行います。
時間を作って是非参加、協力をお願いします!

繋がりの先に

今まで何度もヨンセンのゴールに救われてきた
今まで何度もヨンセンのゴールに心躍らされてきた
そしてこれからもヨンセンのゴールは俺達を勝利に導くだろう

日曜日、こう英語で記したメッセージ幕と、背番号である「9」の文字をゴール裏に掲げた。
来年以降のこと、最近のパフォーマンス。思うことはいろいろある。
でも、やっぱりヨンセンのゴールは俺達を救い、幸せを与えてくれる、そう思えた日だった。

この日の試合内容に勝ち続けた頃の力強さは失われていた。
これからも必死に向かってくる相手との戦いが続くし、警告の累積などでメンバーが変わることもあるだろう。

でも、俺達はこの日のゴールのように、これからも最後まで気持ちが繋がる瞬間のため共に戦うだけ。
選手もその声を力に最後まであきらめず戦う。
今年みんなでやってきたことをやり遂げることができれば、必ず得られるものがあるから。

たくさんの協力ありがとう。そして最後までより力強いサポートを!

乗り越えてこそ

悔しい。
負けたらこんなに悔しかったんだ。

自分達のサッカーが出来ないもどかしさを抱えながらも、最後まで何とかしようと一緒に戦ったから。

こんな知らされ方は本当に悔しいけど。

そんなに簡単に切り替えられるもんじゃないけど。

今を糧とし、乗り越えなきゃ先はないから。

みんなの声が、魂のこもった本気の声が、もう一度選手達の背中を押す時だ。

夢を現実にするために。共に壁を越え、新たな世界を見るために。

そして何より、勝利のために。

熱い心、温かい気持ち

まずは、新潟戦から本格始動した「旗5000本プロジェクト」へ多くの方の参加協力、本当にありがとうございます。

開場前に始めてすぐ、特設ブースには列ができ、試合終了後まで多くの人達が来てくれた。

いろいろな事情があり、当日まで大々的な告知が出来なかったのにも関わらず、1000人以上の人が参加してくれたこと。
そして、慌ただしくなってしまった時間の中、当日の告知、受付等を率先してやってくれたり、いつもより人の手薄になってしまったスタジアム内での準備をしてくれた仲間の頑張りにとても胸が熱くなった。

自分もブースにいて、来てくれる人の多さに力をもらい、中に入ってからはしっかり準備してくれていた仲間達に心強さをもらって、自分自身とてもいい気持ちで選手を迎え入れることが出来た。
スタジアムでも伝えたけど、このプロジェクトに関わる全ての人への感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとう!

リーグ戦と同様、このプロジェクトはこれから成功に向けより頑張らなくてはいけないし、何よりもっともっとたくさんの参加協力が必要です。

趣旨の説明や参加のお願い、経過の報告等のためのHPも立ち上げています。試合に来れなかった人は是非見て下さい。

http://sports.geocities.jp/stadiumflag5000/



今のチーム、そしてオレ達がスタジアムで作り出す雰囲気を今年だけのもので終わらせず、来年もさらに素晴らしい一年にするために、これからも一人でも多くの人の想いを形にして、もっともっといいものを作っていきましょう!

今、みんなが注いでくれる熱く、そして温かい気持ちがあれば、新潟戦のような勝利を最後までオレ達に呼び込むことが出来るし、その先には今まで手にしたことのないデッカイ喜びが必ず待っているから。


今週は明日の千葉、週末の浦和とハードな日程になる。選手もオレ達ももう一度、気合いを入れて試合に臨まないとね。

信じる気持ち、そして共に戦い抜く強い意志を更に大きくし、これからもみんなで進もう!

A step of great value.

「価値ある勝利」

ガンバ戦はそう呼ぶに相応しい試合だった。

自分としてもこの試合に対する意義をみんなにしっかりと伝えたくて、 最初からいつも以上に上げていった。
みんなも同じ気持ちでいてくれたから、 それはしっかり「想い」となり、選手に届いたんだと思う。

選手も同じで、この試合の大切さを誰もがわかっていた。後半の相手の猛攻も、チーム全員の勝利への強い気持ちがあったからこそ防げた。
勝ち点3以上に値する、みんなでもぎ取った大きな1勝。
試合後に小川が言ってくれたように、この勝ちをムダにしないためにも、残りの試合も力強く、一歩ずつ勝ち続けて行こう!

その先

かなり久しぶりになりました。

日曜の大分戦でオレ達のナビスコ杯は終わり、一区切りとなってしまった。

今回のこの大会では、出た選手が自らの役割をしっかりとこなしてきたし、オレ達も信じることの大切さを改めて感じられることの多かった、とても意義のあるものだった。

だからこそ、何としても頂点に登り詰め、みんなの心に一つ大きな自信と、新たな絆を刻みたかった。

終わり方は残念な形だったけど、試合後あの場所にいた選手や仲間達、その誰もが本当に心の底から悔しさを滲ませた表情をしていた。
自分達にはまだまだ足りないものがあって、それを乗り越えるためにやらなきゃいけないことがある。
そう思うからこその、本当に心の底から悔しさを滲ませた表情。
きっとあの場所に来られなかった人だって、いつも共に戦ってきた人なら想いは同じだったはず。

でも去年までは足元をすくわれないように、転げ落ちていかないようにとその場に踏みとどまることに懸命だったオレ達が、その辛い時期を過ごして身に付けた力強さと、ピクシーの勝利への情熱によって本当の意味で前を向き、「その先」を見つめる場所に一歩進んだ気がした瞬間だった。

互いを信じ戦ってきたからこそ共に得たこの経験を胸に、確かな光を手にするため残りの試合も最後まで力強く、誇るべき「家族」と共に歩もう。

土曜日は決勝で倒す気満々だったガンバとの試合だし、まだまだ楽しみな試合は続く。

これからも名古屋にたくさんの力をお願いします!

全ては名古屋に通じる

試合前のミーティング、急な呼びかけだったけど多くの人に参加してもらい、有意義な話し合いができた。

開場後の紙コップへの移し変えもみんなで協力し、当日知った人達にも自分達のこれからの意識を伝えるいい機会になったと思う。

ミーティングで話したけど、ペットボトルを投げた行為は許されることではない。
でも、この夏場に水分を補給する上でペットボトルはとても重宝するものだから自分だってよく使っていた。
これからだって水分を摂らないわけにはいけないから、水筒とか、他のものを代用していかなくちゃならない。

でも重要なのは何を持ってくるかじゃなくて、それを投げたりしない環境をどう自分達で作っていくかだと思う。

自分だっていきなり全てを正当化できるほど完璧な人間じゃない。

でも今回のことで試合に負けたこと以上にモヤモヤした気持ちになったこと。そしてそれが自分だけじゃなくいつも一緒に頑張ってきたみんなも同じ気持ちだったことは本当に辛かった。
だからこそ、自分の中でももう一度名古屋のゴール裏、そして名古屋を愛する人が集まる場所をより良く、より楽しめる場所にするにはどうしていくべきかを考えるきっかけにしなければと強く感じた。

みんなの思いを感じられたミーティングや、マヤのすべり倒しのスピーチのおかげで(笑)、いつも以上に前向きな気持ちでオレ達も試合に入ることができたし、選手もホームで意地を見せてくれて、試合はみんなが笑顔で終わることができた。

でもこれで今回の話は終わりじゃない。クラブにも迷惑をかけたし、この話を知って気にかけてくれていた選手もいる。
少しずつ、できることをみんなで考え、実行していきましょう。
これからも協力よろしくお願いします。

ミーティング告知

昨日も伝えたミーティングの時間と場所が決定したので報告します。

日 時:7月21日(月・祝) 午後3時
場 所:瑞穂陸上競技場 メイン階段前

出来るだけ多くのみんなと今回のこと、これからのことを話し合いたいと思っています。

少し早めの時間かもしれませんが、是非参加をお願いします。

磐田戦のこと

磐田戦、ホームに負けないくらいの人と気持ちで選手を後押しできたけど、残念な結果になってしまった。
選手達も相当の疲労を抱えてるんだろう。次のホームでしっかり気持ちを切り替えて臨むしかない。


ただ、試合結果以上に残念だったのが、試合終了間際の判定に対し、こちら側の誰かからピッチにペットボトルが投げ込まれたことだ。
試合後、名乗り出て欲しいと周りの人達と訊いたが、結局当事者も現れなかった。

そして、クラブからは、ホームの試合でのペットボトル持ち込み禁止が発表された。

あの場にいて、その状況を知っている人も、話を聞いた人もきっとモヤモヤしてるんだと思う。

オレ達も今までいろいろな事があった。行き過ぎた行為として直接ペナルティを受けたこともあったし、身近な仲間の行動でクラブやみんなに不快な思いをさせたりもした。
でもその度に話し合いをし、みんなに理解、協力をもらうことで、今の名古屋のゴール裏、そして自分も少しずつ成長してこられた。

自分が今の立場としてみんなについてきてもらえるのも、そういう経験を活かしてきたからだと思う。

残念ながら今はまだその本人と話ができていないけど、今まで名古屋のみんなから受けたたくさんの協力に感謝しているからこそ、今回の事を心無い一人の行き過ぎた行動として片付けず、オレ達の仲間である人間の行為として、しっかり受け止めなければ、と考えてる。

この文を本人が読んでくれるかはわからないけど、もし今回の事を反省しているのなら、是非話しに来てほしい。
オレ達にでもクラブにでも、その気持ちを正直に伝えてくれることを願ってるから。

そして、月曜のホームが開場する前に今回の件について、これからのことも含め話し合う場を持とうと考えています。

クラブも今回の決定に関しては本意ではないはず。それにリーグへの報告や対応等、迷惑もかけてしまった。

みんなでクラブに対して、そしてもう一度名古屋のゴール裏をさらにいいものにするため何が出来るのか、どうしていけばよいのかを一緒に考えましょう。
二度と同じような事が起こらないように、そして気持ちを一つにして大切なホームの試合を戦うためにも。

時間、場所等は、ここや、SAのHPなどで報告します。

大切な家族

「マギヌン、お前はオレ達の大切な家族」

土曜のホームは、ポルトガル語でこう書いた一発幕と、みんなからマギヌンへの心のこもったコールで始まった。

マギヌンはそれに対し深々と礼をし、胸のエンブレムに何度も手を当て、勝利を手繰り寄せるアシストで応えた。

決して楽な試合ではなかったし、運も味方したのかもしれない。

でもあの時、想いを込めたみんなのコールは、その後の結果にしっかりと繋がるものだと、オレは背中で受けながら確信したし、すごく胸が熱くなった。
きっとあの声によってマギヌンだけじゃなく、名古屋を愛する人全ての「家族」としての結びつきはより強いものになったと思う。

みんなが強い気持ちで伝える声や手拍子は、人の心を掴み、動かすことが出来るってことをいつも忘れないでほしい。

これからもみんなでいい「結果」を得るための「過程」を大事にして、しっかりと積み上げていきましょう。

明日は平日だけど磐田なら躊躇する距離じゃない。近くに選手を感じられるあの場所で、しっかり選手を後押ししよう!

最後に…マヤ、おめでとう!!

ミセドキ

チームにとっても、オレ達にとっても、明日の試合が「ホーム」だってことを強く意識するには絶好のシチュエーションだと思う。

一度無くしかけた信頼を取り戻すべく帰ってくるマギヌンを、オレ達も家族として熱い気持ちで迎えよう。

そして…
入りそうで入らないその一点をものにするために。

相手の流れ、攻撃を食い止めるために。

暑さで重くなるその足をもう一歩踏み出させるために。

選手達の今やっているサッカーが、オレ達にどれだけの勇気と幸せを与えてくれているのかを感じてもらうために。

そして何より、勝利への強い気持ちを奮い立たせるために。

ピッチで戦う選手と共に、一人一人が自分のできること、出し惜しみせず全て魅せてやろう!

明日もたくさんの協力、よろしくお願いします。

Action!!

土曜日、瑞穂には中断前の選手の頑張りや、球団スタッフ等、多くの人の努力によって久しぶりにたくさんの人で溢れていた。

試合前からみんなの気持ちのこもった声と、試合を心待ちにする雰囲気に自分も自然と気持ちが高ぶった。

ビニールを使ったライジング・サンやバックスタンドに拡がったビッグフラッグも、みんなの協力でバッチリ決まった。本当に感謝です!

結果は散々だったし、あれだけの人の前で結果を出せないのはもったいないけど、タラレバを言っても仕方ないし、もうナビスコも始まるから、オレ達がまずしっかりと気持ちを切り替えていこう!

試合中の一つ一つのプレーに対する「リアクション」ももちろん大切だけど、スロースターターな名古屋にはみんなの力強い「アクション」がやっぱり必要だと思う。

明日はみんなの「気持ちの入ったアクション」で、最初から選手をのせてやろうよ!

平日だけど、明日は関東圏の人もよろしくです。一緒に頑張ろう!

Rising sun

いよいよ始まるね。

中断でも代表戦やユーロと、サッカーに触れる機会はあるワケで…。
でもあんなにワクワクする時間を過ごしてきたし、こんな時は余計に自分の愛するチームがある喜びを再確認できたりするから、とにかく今は名古屋の試合が楽しみだし、待ち遠しくて仕方ないよ!

選手達も、きっと瑞穂でオレ達の声を聞くことを楽しみにしてくれているはず。
土曜日は、みんなでこの待ち遠しかった気持ちを、この先の期待を、そして再び共に戦う誓いを込めて叫ぼう!

これからは暑くなるし、キツい戦いが続く。ナビスコも久しぶりの決勝トーナメントで、リーグ戦とはまた違った緊張感を味わったりするはず。
そんな時だからこそ、この再開一発目をホームの声で選手を勇気づけ、いつも以上の力を発揮できる雰囲気をみんなで作っていかないとね。

ホームで勝利した後にケイタ達がしてくれるマイクパフォーマンスだって、これからもたくさん見られたら選手も、オレ達ももっとホームで勝つことの素晴らしさ、大切さを共感できる一つの要素だと思う。

ここは本当の意味での「ホーム」作りを意識して、選手と一緒に更なる次のステップへと進むために、オレ達ももう一度上げていこう。

まだまだ本当の戦いはこれから。みんなの今まで以上の協力をよろしくお願いします!

大事なこと

負けない事

投げ出さない事

逃げ出さない事

信じ抜く事

ダメになりそうな時、それが一番大事

試合後、津田の後ろ姿を見ながら、頭の中にこの曲が浮かんでた。

ひと昔前に流行った曲だから、それなりの歳の人ならわかるでしょう。
大事MANブラザーズバンドの「それが大事」

ちなみに「それ」っていうのは「信じ抜く事」だそうだ。
まずは信じなければ、全ての事が進まない、って作者の考えから出来た歌詞らしい。

ベタだけど、オレはこの曲、歌詞が好きだ。
オレ達だってずっと信じてなきゃ、今のこんな楽しくて、幸せな思いは感じられなかった。

アウェイの神戸戦も、この前の試合も、点を取った時に歌ってたのは「La Marseillaies」だった。

あの時追いつく事、逆転する事を信じて歌ってた人なら、巻や津田が、他の選手や共に戦う仲間達が、心から誇れたはず。
津田のピースサインは、オレ達の信じる想いがしっかりと届いていることの、アイツなりの答えでしょう。

今、選手達には、ピクシーの言う「Never give up」の精神が確実に、大きく育ってる。
オレ達も、手を叩き、声を出し続けるのは「名古屋の勝利のため」だってことを忘れないで、これからも頑張ろう。

そして、オレ達はもっともっとゴール裏に「信じ抜く」心を育てて、拡げていかなきゃね!

まだまだ、その先へ

平日の慌ただしさに追われているうちに、気付けばもう金曜。
忙しさの中でも充実した日々を送れたのは、日曜の楽しい時間があったから。

土曜の代表戦に比べれば少ない人だったかもしれない。
でも、日曜のスタジアムを包む雰囲気は、名古屋を愛し、励まし、そして共に戦ってきた人達の強い気持ちで溢れていて、どれだけみんなが名古屋を好きか、そして自分がその場所にいられることがどんなに幸せなことなのかを改めて実感することができた。

そんな気持ちのこもった後押しを受け、選手一人一人もしっかりとプレーで返してくれた。
そして生み出した4得点。試合後にオレ達と喜びを分かち合った4人の笑顔を見て、今までやってきたことが間違いなく選手達にも伝わっているんだと、本当に嬉しい気持ちで一杯になった。
終わり際、小川が自信有り気に「まだまだ行きますよ」って言葉をくれた。
そう、オレ達はまだまだこれから。共に前を向き、より強い絆を築き、今までに掴めなかったものをみんなの力で手にするため、気持ちを一つに戦って行く。
前線の、その先へ向かって。

挑み続ける

この自分の拙い文章でも、多くの人が見てくれているみたいで、それはすごく嬉しいことなんだけど、ちょっと更新が滞ったからといって「まだですか?」みたいな催促はナシで(笑)
もともとこういうの苦手なんで、これからも自分のペースでやっていきます。温かい目で見守ってやって下さい。
毎日マメに書いてる人や、文才のある人、本気で尊敬します。


ってことで札幌。試合も、それ以外でも楽しんできました。
前半自分達のミスからペースを崩して失点したけど、その後は徐々に落ち着きを取り戻して、後半は久しぶりの三得点。
相手は奪ったら前線へ放りこんでの繰り返しだったし、ずっとあのサッカーに付き合って取りこぼすわけにはいかなかったから、そこでしっかりと自分達のスタイルを取り戻せたのは良かった。
まだ些細なミスから流れを失うことが多いから、そこは修正したいね。あとはセットプレーとか、今は少ない形でも点を取れるようになれば、もっと楽に試合を進められるし、自信にも繋がるでしょう。

これで記念すべき250勝!リーグもいい形で中断に入れた。
でも週末からはまたナビスコの予選も再開する。代表などで抜ける選手もいるし、まだまだ頑張らないと。
いい流れを失わず、ここはしっかり勝って、上に行きたいね!

試合の後、ラーメンオタクな仲間と六年前に札幌に来たことを話しながら、あの時より今はたくさんの仲間と一緒に戦えるようになったんだってこと、そしていろいろあったこれまでの道のりを思い出して、少し感慨深い気持ちになった。

これからもこういう気持ちをよりたくさんの仲間と分け合えるように、努力を続けよう。
そんな強い気持ちが湧き上がってきた帰り道だった。

報告

今日は金曜ってことで、いつもなら夜はDLIVE PARKにいるんだけど、明日の試合のため、最終の飛行機で札幌へ飛ぶんで、今夜は店に行けませんがよろしくです。

札幌に行けない人は、明日店に集まってみんなと気持ち送ってやって下さい。


オレは今、何故か香川に向かう電車の中で…とりあえずは無事戻って飛行機の時間に間に合うようにしないと。

明日でリーグは一区切り。ここまでの良かった流れを思い出し、みんなでガッツリ頑張って、いい試合にしないとね!

After the rain.

雨によるピッチのせいか、疲れのせいか、観客動員数と同様、少しお寒い内容になってしまった。

それでも、似たような感じだった東京Vとの時と違って、守備が頑張ってたのは救いかな。

やっぱり点が取れない時は無駄な手数が多いし、ゴールへと直結するシンプルな攻めが少なくなる。
相変わらずスロースターターなとこもあるけど、ずっと悪い時間ばかりじゃないし、意図が感じられるプレーも幾つかあった。

とにかく選手にはしっかりリフレッシュしてもらって、五月の残り試合をまた「名古屋のサッカー」で暴れてもらいましょう。

みんなも連戦で体調崩したり、手足パンパンな人が多いんじゃないかな。とにかく今は選手同様、気力と体力を回復して次に備えよう。
同じ疲れでも、勝った後と負けた後では全然疲労度が違うからね。
どうせ頑張るなら!心地良い疲労感に浸れるように、今以上の雰囲気で選手と向き合って、ここからまた頑張って行きましょう!
名古屋への強い気持ちが増えつつあるゴール裏を共に作るみんなの、より一層の協力をよろしくお願いします。
選手達へ、オレ達からもっともっといい「風」を送るために!

一人の「想い」をみんなの「気持ち」へ

東京に勝ってまた一つ、確かに壁を越えた。

後半のイヤな時間帯も、このままじゃ…って場面も「今日は勝つんだ」ってみんなの気持ちでしのぎ切った。

この数試合、連敗した時の悔しい表情、そしてやっと手に入れた勝利に感情をむき出しにして喜ぶ表情も、名古屋のため心を一つに戦ったみんなだからこそ、誰もが同じ、気持ちのこもった表情だった。
それって本当にすごいことだし、本当に幸せなことだと思う。

今月もまだまだ試合は続く。それに次はホーム。

一つ一つの気持ちの表現をみんなが大切にしていれば、それは必ず選手に伝わり、最後にはデッカイ喜びが待っていること、それをこの試合を通じて感じた仲間達と共に、より多くの人に知ってもらえるよう、この先も強く熱い気持ちを注ごう!

この週末が楽しみで仕方ないって気分を与えてくれたチームに、瑞穂でそれ以上の気持ちを返そうよ。

もっともっとチーム、ファン誰もが「名古屋」に夢中になれる雰囲気を、これからも今のオレ達なら創り出していけるから。

supporter

負けた試合の後に、あんなに悔しくて、なのにすごく充実感で溢れていて・・・。
ここ数年味わったことがない程、次の試合へと期待する気持ち。

それはあの後半、オレ達と選手の一体感を、試合後のみんなの表情、そしてあの大きな拍手、コールをより感じることのできる場所にいたから。

でも、今そんな気持ちでいるのはオレだけじゃないはず。
あの日、最後まで選手と向き合っていた人ならみんな同じじゃないかな。
そしてあの雰囲気を感じた人は、またスタジアムで名古屋の試合を観たいと思ったでしょう。

あんなに「気持ち」に満ち溢れたゴール裏を一緒に作ってくれたみんなに、本当に感謝しています。
だからこそ、みんなでもっと欲を出していきたいんだ。

後半の雰囲気を、次は最初から。
切り替えをよりしっかりとコールに表して。
ここぞ!って時にはみんなで感情を爆発させよう。

オレは名古屋のみんなが持ってるポテンシャルはまだこんなもんじゃないと信じてるよ。

「ホームは絶対に勝つ」オレ達の想いを伝え続ければ、必ず選手の心に届く。

次の勝利で得られるものは勝ち点3だけじゃない。その「何か」を得るために、強い気持ちで共に戦おう!

「心」呼吸して

名古屋らしさを出せなければ、相手がどこでもやられてしまう。
アウェイの戦いでそれがわかったことを逆に良かったと思って、まずは次のホーム二試合を大切にしたい。

試合の時にも話したけど、ここまで俺達はチームからたくさんの喜びや感動をもらった。
去年までの苦しみがあるから、余計にその想いは強い。

だからこそ、今度は俺達がチームにもう一度戦う力と、勇気を与える時だと思うんだ。
今、本当の意味での「サポート」を瑞穂で、トヨスタですることが、俺達の真価を全身で表現し、チームに感じてもらえるチャンスだから。

ここまで後ろを振り向かず、ただ前だけを見てみんなで歩んで来たから、つまずいたこともみんなで受けとめて、一度ゆっくり深呼吸でもしてみようよ。
そして、周りにいるたくさんの家族ともう一度手を取り、前を向いて、しっかりとした歩みを始めよう。

選手がくれた目一杯頑張りがいのある試合。スタジアムで楽しまないと!

Enjoy!Nagoya.

ホームでの二試合も勝利して、俺達Familyの楽しい旅はまだまだ続いていく。
それに代表候補に四人が選ばれたのも、今の頑張りを見れば当然かな。気負わずに、いつもの自分をアピールして、ケガ無く帰ってきて欲しいね。

千葉戦は前半二失点と足元をすくわれかけたけど、あの日、あの場所にいた人なら、チームも俺達も一緒に強いチームへと変わろうとしていることを感じたんじゃないかな。
実際俺はあの場に立っていて、二点取られてからのみんなにホームの雰囲気を感じたし、選手もそこから自分達が今まで勝ってきたスタイルを取り戻しだした。
後半はもう俺達の時間だったね。
信じてるからこそ、みんなの声はより強く、大きくなり、それに応えるように選手は自信を持って戦った。

勝ったあとの選手やみんなの誇らしげな顔を見て、俺はまだまだ小さなものだけど、一つの壁をみんなで越えた気がしたよ。

これからいくつも訪れる大事な試合に向け、こうして一つずつ底力をつけていきたいね。

ゴールデンウィークは骨のある相手との対戦もあるし、そこで一緒に頑張れば頑張っただけ、得られる喜びがデカイことをもっと実感するはず。
今年はみんなで最高のゴールデンウィークにしようよ!

相思相愛

清水戦も勝利!
内容もほぼこちらのペースで進められたし、何より相手をゼロに抑えることができた。

今年は選手もほんとにサッカーを楽しんでるんだろうね。俺達にもそれが伝わるし、次はどんなプレーを見せてくれるんだってワクワクする。

俺達の雰囲気もすごく良かった。アップの時から気持ちが出てたと思うし、後半も攻守の切り替えがしっかり表現できてた。

今は選手と一緒で、現状に満足せず、俺達はまだまだできるんだ!もっと行こう!って想うみんなの声が選手にちゃんと届いてるよ。そして選手は日頃の練習で得た自信を、その声にのせ更に大きな力にして、勝利を掴んでる。
だからそうして勝ち獲ったものが、またみんなの次への活力になる。素晴らしい相乗効果だよね!
今はそんなお互いの存在意義を確かめ合いながら、一つ一つの試合を戦っているからこそ、それが実を結んでいるんだと思う。
それにもし今結果が伴わなくたって、俺達家族の絆はそんな時だからこそより支え合うことで、もっと強くできる。

チームが今、確実なものにしようとしている「名古屋のスタイル」を花開かせるには、もっともっとたくさんの肥やしと、それをより美しいものにするための、みんなの今以上のサポートが必要だよ。

今週も二試合とハードだけど、それがホームだってこと、俺達がしっかりと意識して選手を迎え、疲れの残る選手を、そしてチャンスをものにしようと頑張る選手を、ホームの後押しの中でのせてやろう!

この先に続く道へ…

横浜戦もたくさんの協力ありがとうございました!

前半と後半では全く違う展開になったけど、バテながらも選手はほんとによく耐えた。
バーに当たったり、運にも助けられたって場面でも、ナラやDF達が身体を投げ出してでも防ごうとしてるから、結果そうなったんだと思う。

これでリーグ戦は4勝1分。
ピクシーのしたいサッカーを、選手が試合を重ねながら少しずつ表現できるようになっていて、これからが更に楽しみだ。
戦術の浸透はもちろん今勝てている一つの要因。でもそれ以前に、今は選手達が自信を持って試合に臨み、それを実際のプレーでしっかりと表せている。

それは、日頃の練習から監督やスタッフ、そして選手が同じ目的意識の中で共に過ごしていることが、一人一人に自信と信頼感を持たせてるんだと思う。
そしてあとは、試合の前にピクシーからサッカーを楽しみ、必ず試合に勝つんだという気持ちを注入されてピッチに入ることで、今のあの自信に充ちた表情になってるんだろうね。

やっぱりそうなると、人間のやってることってだけあって、気持ちがプレーに大きな影響を与えてるんだってことを改めて感じる。
特に名古屋の選手は、今までの流れからも、いい意味でも悪い意味でもその割合はかなり大きいのがわかるよね。
それならば、俺達だってもっともっと気持ちを伝えれば、必ず選手に届いて、それが選手の気持ちを動かすこともできる、ってことでしょう。
選手から「今日はサポーターの声で気持ちが上がった」なんて言葉を、もっと当たり前のように聞ける場所にみんなでしていこう。

最近のゴール裏は、みんなの気持ちが一つになって出てくる声がほんとに増えてるよ。恵太のゴールも、共に耐え、信じたからこそうまれた。

アイツはアイツなりに、なかなか結果が出なくて辛かったと思うから、あの日は俺達とおもいっ切り喜んで、また一つ成長したはず。
もっとああやって、俺達に喜びをしっかり表現してくれるヤツを増やしたいね!この頃は小川も俺達を煽るようになってきたし(笑)

この週末はアウェイだけど、そんなに行くのに悩むような距離じゃない。たくさんの気持ちで選手をもう一度のせていこう!
まだまだ浮かれるには早いよ。俺達がいる場所、やりたいことを忘れないで、一緒に挑み続けなきゃ!

連戦

大宮戦はみんなが大興奮の逆転勝ち!

前半コーナーのマークの甘さから失点したけど、自分達のスタイルを変えることなく攻め続けていたし、いつ点が入ってもおかしくなかった。
相手のGKが当たっていたのもあったけど、後半はそこをみんなの気持ちでゴールへねじ込むことができた。

ここ二試合は選手もオレ達もゴールに向けての気持ちをしっかり出せている。だから点が入った時の嬉しさはすごいもんがあるね!
選手やピクシーもすごく喜んでるのが嬉しかった。
ただ勝つことだけを考え、みんなで必死に戦って、それを形にして共に喜ぶ。これからも一つ一つを大切に、この積み重ねを続けていこう!

DLIVE PARKには現地に来れなかった人達が30人くらい集まってたらしくて…そこもかなり盛り上がったんだろうね!
次はホームだし、今の自分達を試すには絶好の相手。
きっとまだ疲れの残ってる選手を、もう一度ホームの雰囲気で奮い立たせていい試合にしよう!
自分もあと二日、勝利の余韻に浸りながら、何とか仕事頑張らなきゃなぁ。

“HOT”10

画像
5月の連休明けまでに、カップ戦を含めて10試合。
ホームの大分戦に勝って、まずは勢いをつけられたと思う。
ここからハードな日程だから、より強い気持ちで戦っていかないとね。

まだまだオレ達は進化の途中。それに挑戦者であることを忘れず、ちょっとしたことでへこたれないで、しっかり選手の背中押してやりましょう!

この前の後半のような雰囲気をこれからも作っていければ、名古屋の「家族」としての絆はもっと深いものになるし、ホームが選手にとってより「勝ち」を意識できる場所になるはず。

選手は厳しい日程の中、名古屋のスタイルを確立すべく頑張っていく。この「今」が無ければ未来の栄光は掴めない。
みんなもいろいろあるんだろうけど、何とか都合をつけて、スタジアムで頑張る選手と一緒に「今」を共有しよう!
それだけ、喜びも増えるはずだから。

ということで…今から大宮へ出発です!

NABISCO CUP

先週の木曜、京都戦では選手もオレ達も、開幕の時のような気持ちを出し切れずにいたけど、日曜の神戸戦では意地を見せることが出来た。

京都の時も決して手を抜いていたわけじゃない。でも神戸で負ければ、予選突破への可能性はかなり低くなる。そうなってたまるか、って気持ちが最後まで選手もオレ達も強かったから、あの巻のゴールがうまれたんだと思う。
引き分けでもおかしくないって雰囲気の中で、もう一度みんなで勝利への執念を燃やした時間に取れた一点だから、本当に嬉しかった!
巻は決して良かったとは言えないけど身体を張り、よく走って、最後には信じ続けたみんなの期待に応えて男になった。DF陣も二試合ともよく頑張ってるし、三木や西村も存在感をアピール出来てる。
これでカップ戦も楽しみになってきた。
長いシーズンを戦う上で、新しい選手の活躍も絶対必要になってくる。
イマイチ活躍出来なかった選手だってこのままで終わってもらっちゃ困るし、そういう選手の底上げがなきゃ、本当に強いチームにはなれないんだから。

それに、やっぱり日曜のような試合を先週のホームでしたかった。
瑞穂でああいう内容の試合をすれば、きっとまた観に来ようと思ってくれる人は増えるはず。
アウェイには独特の一体感があるし、それはいい流れをもたらすことが多い。
でもオレ達は名古屋が好きで、その名古屋のホームである瑞穂や豊スタの大切さ、素晴らしさをみんなで育んで、選手にそこが自分達の「家」だということをもっと実感してもらいたい。
そのためにオレ達もしっかりとした準備をして、気持ちのこもった声と手拍子で、ホームを「勝てる」場所に、もう一度戦う気持ちを呼び起こす場所にしなきゃ。
今度の日曜は、みんなで勝つための雰囲気をガッツリ作っていこう!

Memorial Day

2008.3.15
俺達にとって、思い出に残る日が増えた。

勝つことが必然だったと言ってもいいくらい、この日の俺達は勝利へと一つになっていた。
監督、スタッフは選手に自信を与え、周囲を相手に囲まれたピッチに出てきた選手に俺達はありったけの気持ちを伝え、彼等は自分のため、俺達のため、そして名古屋のために闘志をむき出しにして戦った。

うまく伝わらないかもしれないけど、俺はあの場所にいて、ここには相手などいなくて、俺達だけでサッカーをしているんじゃないかと錯覚するくらい、気持ちが繋がっている感じがした。
選手はそれに応え、最後まで自分達のサッカーで俺達を楽しませてくれた。
本当に幸せな時間で、本当に楽しかった。

まだまだこれからだけど、あんな自信に満ち溢れた選手の顔がいつまでも見られるように、そしてみんなで心から楽しいと思える日々が続くよう、これからもみんなで一緒に気持ちを繋いでいきたい。

あさってからはナビスコも始まる。ナラや玉田にいい報告ができるよう、新たな気持ちで臨もう!

We are FAMILY!!

俺達の新たな船出は、ドローという結果だった。
勝てなかったのは悔しい。でも、試合後にスタジアムを包んだ雰囲気は、去年と明らかに違う「これから」への期待感で溢れていた。

試合前行われた挨拶や、全員での円陣を見て、名古屋に帰ってきたピクシーと、俺達はこの場所から必ず変わるんだと強く思った。

試合に関して言えば、もちろん修正すべき点はある。だが去年はあまり見られなかった、人が湧き出てくるような攻撃、人数をかけ最後まで攻める意識を忘れないプレーに、今後を期待せずにはいられなかった。

今回、選手入場時のコレオでは名古屋市の花、ユリをモチーフにしたもの、そして「FAMILY」という言葉を表現した。
まだまだこれからたくさんの苦難や、乗り越えるべき壁にぶつかると思う。そんな時こそ、名古屋を愛する全ての人間が「FAMILY」として支え、助け合い、そしてより絆を深めていく時。

シーズンが終わって、この言葉が一人一人の胸にしっかりと刻まれるよう、気持ちと声を一つに戦って行こう!
これからも協力よろしくお願いします!

家族へ

現役時代、何度も俺達に夢や感動を与えてくれたピクシーが、再び共に戦うため、この名古屋に帰ってきた。きっかけはどうであれ、俺達にとってこんなに素晴らしい話はないよ!
今度は監督という立場。実際にプレーするのは選手達。
今、名古屋で現役時代のピクシーのように、一人で試合を決めることの出来る選手はいないと思う。
でも、俺達は監督であるピクシーを、その精神を胸に戦う選手一人一人を信じ、この記念すべきシーズンを共に戦おう。

すぐに結果が出なくても、ピクシーが振るタクトは、必ず名古屋に成功をもたらしてくれる。
今こそ、愛すべきこの名古屋というクラブに関わる全ての人が「家族」として共に支え合い、栄光に向かう時だ。

今年も一年、本当によろしく!
まずは開幕戦に全身全霊を!

俺達の春が来る

日曜日、このオフの幕作業を終えることが出来た。
今年は補修作業がメインだったからか、例年よりも手際良く進んでいった気がする。
たくさんの人に参加してもらえたのも、順調に進められた要素の一つだった。先頭に立ち、作業を進めてくれた人達も含め、本当に協力ありがとうございました!
今年も想いを込め手掛けた幕やフラッグを、みんなで掲げていこう!

そして、その後行われたミーティングも、告知期間が短かったにもかかわらず、多くの人に参加してもらえた。
内容がどうだったかは、人それぞれ捉え方が違うかもしれないけど、開幕に向け、自分達が今どういう想いでいるのかをわかってもらえたと思う。
その時にも伝えたけど、全てを自分達の考えだけで進めようとしているわけじゃないから、これからも思うことがあればそういう場であったり、試合の時でも聞かせて欲しい。
そのためにも、これからも頻繁には無理かもしれないけど、要所要所で今回のような機会を設けたいと考えているので、参加出来なかった人も次回、時間をつくって参加して下さい。

さぁ、いよいよ待ちに待った季節がやってくる!

MY TOWN~愛し、愛される街へ~

名古屋を愛する人達の中で、サポートタウン活動の存在を知ってる人はどのくらいいるんだろう。

サポートタウン活動っていうのは、クラブの地域貢献活動の一環。クラブが街にある商店街等と連携をとり、より多くの人にクラブの事を知ってもらうための宣伝、例えばポスターやフラッグの掲出をお願いしたり、スケジュールカードを店頭に置いてもらったりする。さらにはそこで選手参加のイベントを開催することで、サポートタウンの活性化にも繋がる。簡単に言うとそういった趣旨のものなんだけど、今県内には今年2つ増えて14のサポートタウンがあるらしい。
例をあげれば、ピクシーのモニュメントがある東新町の商店街が良く知られてるかな。
とは言え、今まではその活動もどこか活発じゃなく、チームに、そしてその活動をする地域にもとっても有益なものになってなかったのは事実だと思う。オレ達にもそういう情報ってほとんど入ってこなかったしね。

でも今年はクラブとしても事業部をしっかりとさせ、サポートタウン活動にも力を入れていくとのこと。
月刊グランや中スポなんかでも紹介をしていく予定みたいで。
昨日はそういったことについての話し合いが開かれた、サポートタウンの一つ、今池商店街にある「Venus Cafe」って店に仲間達と行ってきた。

店内に入ると、去年の今池祭りの時に本田が店に来たってことで、サインの入ったユニフォームや写真が飾られてあったり、他にも今年の試合予定がわかるポスター等、クラブのものがいろいろあって、「今池にこんな店もあるんだなぁ」とうれしい気持ちになった。
商店街の他のお店の人達も集まっていて、話し合いの中からクラブに対する愛情や熱意を感じて、ほんとに楽しい時間を過ごすことが出来た。

きっとクラブやサポートタウンの方達がもっと協力することによって、より多くの人にグランパスというクラブを知ってもらい、愛してもらえるようになるんだと、その場所にいて実感した。
オレ達にも、サポートタウンに協力出来ることはあるはずだから、やれることからしていこうと思う。

やっぱり街の中で、自分の好きなクラブのフラッグやポスターを見つけて、愛するクラブがある喜びを感じられるのはうれしいよ!
もし自分が住んでる街でそういう店に出会ったら、その店の人とクラブや選手のことを話すなんてのもきっと楽しいんじゃないかな。

もっともっと名古屋というクラブを、そしてそのクラブがあるこの街を心から愛せる仲間を増やしたいと、改めて思った1日だった。


~告知~
金曜日 DLIVE
日曜日
10時~ 幕作業
15時30分~ サポーターミーティング

ミーティングのお知らせ

いろいろあった先週から週末にかけて。幕作業のこともありますが、まずはこの話から。

今週末、3月2日(日)午後15時30分から、瑞穂陸上競技場の会議室にて今シーズンについてのミーティングを行うことになりました。
去年は開幕前日でしたが、今年はトヨスタが初戦ということもあり、一週前のこの日に球団、運営の方の協力により瑞穂の会議室で開けることになりました。
今年もチームと共に歩むため、多くの人達と意見を交換出来たらと考えています。サポートについてや幕張り、開幕戦についての説明など、有意義な時間にしたいと思うので、是非参加して下さい。
なかなか発言するのは勇気がいるかもしれないけど、みんながどういう想いで開幕を迎えようとしているのか、という雰囲気を感じるだけでも今年に対する気持ちが強くなるんじゃないかな。
場所の確保などの関係で、当日までの時間が短くなってしまったけど、これを見た人は周りの人にも伝えてもらえると助かります。
みんなで気持ちを一つに開幕を迎えましょう!

三回目の作業について

二回目の幕作業もたくさんの協力により順調に進めることが出来ました。
忙しい中参加してくれた方、本当にありがとうございました。

今年の春からは土日も仕事の会社へ就職するって言ってた男の子、あまり話せなかったけど、参加しようと思ってくれたその気持ちがすごく嬉しかったよ。ありがとう!また時間があったら参加してよ!

それから、次回の幕作業なんですが、以前の告知では17(日)の予定でしたが23(土)に変更になりましたので、間違えないようにお願いします。

作業はまだあるし、時間が余ればその他の事もやれるから、自分でゲーフラや旗なんかを作成しようと考えてる人はトヨスタで作ってみたらどうかな。材料さえあれば、アドバイスをくれる人間はたくさんいるから!
時間のある方は是非参加を!

次回の幕作業

一回目の幕作業に参加してくれたみんな、お疲れ様でした。

オレは私用で急遽参加出来なかったんですが、たくさんの人が参加してくれて、幕の補修は予想以上に進んだみたいで感謝です!
高校生も参加してくれたとかで…。

今週も土曜日の10時くらいから始める予定です。まだまだ作業は続くので時間のある方、初めての方でも是非参加を。道具の持参もよろしくお願いします!
オレも前回参加出来なかった分、頑張りたいと思います!

幕作業開始

幕作業の日程が決定したので報告します。

1月27日(日)
2月2日(土)
2月17日(日)
3月2日(日)

場所はトヨタスタジアムの地下駐車場とミーティングルーム。時間は調整中ですが、例年通り午前中から夕方17時くらいまでになると思います。
以前にも書いたけど、ビッグフラッグの拡大、今ある幕の補修等があるので、その作業から優先して進めます。
それが終われば個人のゲーフラや旗などの作成時間なんかにしてもらったらなと。
筆や塗料を入れる容器などは個人で持ち寄って作業しているので、参加される方は持参してもらえると助かります。
あと新聞紙やゴミ袋、ブルーシートなんかも必要なので、持ってこれる方はお願いします。

最初はなかなか来にくいだろうと思うけど、そこに集まればみんな名古屋を愛する仲間。一人でも、いつも一緒に試合に行ってる人達とでもいいんで是非参加して下さい。
オレの周りで一緒に頑張ってくれてる人達の中にも、そんな出会いがあったから、今のような素晴らしい仲間になれた人もいる。
だから、今回の幕作業がまた新しい仲間と出会うきっかけにもなってくれたらいいと思ってます。
一人でも多くの人の協力よろしくお願いします!

新年!

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします!

チームも新しく加入する選手の話で、少しずつ新しいシーズンに向けて動きだした感じだけど、オレ達もこの期間に出来ることいろいろとしていくつもりです。
幕の補修や、ビッグフラッグの拡大など、今年も昨年と同様に土日を利用し、みんなで協力して作業を進めていこうと考えてます。
またここでも詳細が決まったら告知するので、時間と気持ちのある人は是非参加して、自分の想いを込めに来てください。

今年に対する期待や不安が人それぞれあるだろうけど、その時にいろいろ話して、新しいシーズンへ一緒に気持ちを高めていける場にもなればいいなと。

それと、明日からまたDLIVE PARKにも行くんで、金曜の夜時間ある方は是非!

今年も一年ありがとう

忘年会に参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

告知期間が短かったにも関わらず、多くの方に来てもらえて、とても有意義な時間になりました。
球団や、運営の方も忙しい中たくさん来てもらい、本当に感謝しています。

今の名古屋の強化においてトップの方の話を聞いて、みんなはどう感じたのだろう。オレは乾杯の時にも話したけど、オレ達の前で言ったことを、今度はスタジアムに来る全ての人の前で伝えて欲しいと心から思う。
どんな些細な誓いでも、オレ達に対する要望でも、直接その人の声で伝えた方が必ずみんなの心に届くはずだから。
きっとその気持ちのこもった行動は、チームにいい風をもたらすとオレ達は信じてる。

会は限られた時間の中だったし、もっと多くの人といろんな話をしたかったけど、試合の場では話したことのなかった人達と話せたのはよかったと思う。
個人的にも、励ましの言葉を何人かの人からもらって、とても嬉しかった。
一言でもいいから、なるべく全員の人と言葉を交わしたかったけど、もしかしてできなかった人や、今回のこの会に参加できなかった人には、また必ずこのような場を設けて、少しでもオレ達の気持ちを感じてもらえるようにしていけたらと思う。

あと、スタジアムの方、レストランの方にも場所や料理等の準備に協力して頂き感謝です。トヨスタの方はオレ達にいつもよくしてくれて、ホントありがたいです。また幕作業の時などよろしくお願いします!

年明けには今ある幕の補修や、新しい幕などの作成も計画しています。またここでも協力を呼びかけていこうと考えてるんで、一人でも多くの人の協力よろしくお願いします。

忘年会について

ここでの告知は遅くなってしまったけど…
今週の15日(土)、トヨスタで名古屋忘年会を行います。

SAのHPでは「天皇杯の決起集会」だとか「忘年会風」なんて書かれてたけど、れっきとした忘年会なんでお間違えなく。

毎年、自分の近しい人間とは忘年会をやってたんだけど、その人数も年々増え、そこで初めてゆっくり話をするって人もいたりした。
そこで、どうせなら今年は苦しかったシーズンを一緒に戦い、協力をしてくれた一人でも多くの人と共に、この一年を締めくくれたらと思い、今回の忘年会を開くことにしました。

だから一人でも、グループでも構わず参加してもらい、たくさんの人と今年のこと、そしてこれからのことを話せたらと思ってるんで、是非土曜日はトヨスタに来て下さい。

今回の場所の提供等には、一部球団の方や、スタジアムの方が協力してくれています。会の方にも球団、運営の方々に参加を呼びかけているので、来てもらえれば始めに話もしてもらおうと考えています。
有意義な会にして、新たな気持ちで来シーズンを迎えましょう!

会場:豊田スタジアム
受付:17時~
時間:17時半~19時半
会費:\3500 (一律)
※当日はアルコール類もあるので、飲まれる方は車での来場は絶対にしないで下さい。

申し込み先:SA http://www.grampus-sa.com/tour/index.html

帰路にて

長かったようで、振り返るとあっという間だった一年は、あっけなく終わってしまった。
先週と今週では全く別の人がやっているような試合だった。これが今年のリーグでの順位を象徴している。

ほんとは一点や二点取られたくらいでバタつくようなチームじゃない。後半に俊哉や玉田を入れた監督の采配だって、オレ達には明確なもんだとわかった。
でも実際ピッチ上にいる選手は、その指示を感じていないかのようなサッカーを続けた。単調で工夫の少ない、ただ時間だけが過ぎていくサッカー。

今年、何度となく繰り返したこういう試合を、選手はどのくらい悔しいと感じたのか。このままじゃいけないって危機感をどれだけ持っているのか。
もう二度と同じ思いを味わうことのないように、選手にはこのオフにしっかり考えて欲しいと願うばかりだ。

一緒にもがき、苦しんでいるからこそ、今共に戦う選手と来年はもっと喜びを分かち合いたい。
自分が「名古屋」でいることにもっと誇りを持ってもらえるようなチームを、みんなで作っていきたい。
オレ達はまだまだ良くなっていけるはず。来年も一緒に頑張ろう!

オレは今年も名古屋のユニフォームを着て戦ってくれた選手を 、ホームでもアウェイでも、どんな時も一緒に戦ってくれて、いろんなコレオにも協力してくれた仲間であるみんなを、心から誇りに思う。
今年一年本当にありがとうございました。
来シーズンに向け、一層名古屋への想いを強くして、また共に戦いましょう!

終わらない旅

リーグ戦は先週の土曜で全日程が終了した。

いろいろあったけど、今年もみんながたくさん協力してくれたおかげで、去年以上に選手へ強い想いを伝えることが出来たと思う。
試合の時にも言ったけど、本当に感謝してます、ありがとうございました!!
だけど、オレ達の今年はまだ終わってない。最後にみんなでもう一度気持ちを一つに、天皇杯獲得に向けて力を合わせよう!

次の松江は行き方に困ってるって人も、SAバスがいつものツアーより安く企画されてるんで、迷ってるならオレ達と一緒にバスで乗り込もう!
元旦の喜びをより大きなものにするため、ここから先の道一つ一つも一緒に進もう!